New Work Style貸事務所、レンタルオフィスで事業拡大を狙う!

バーチャルオフィスを利用

バーチャルオフィスとは、実際の業務をおこなわない事務所です。

あるスペースを使い、そこで複数の企業が事務所として表記します。
バーチャルといっても電話や種類などを送付することも可能です。

電話については、それぞれの企業が番号をもち。転送をかけて使用します。
書類については、担当のスタッフが在住していますので、企業が指定した場所へ伝送(再送)をおこないますので、問題なく業務を行うことが可能です。

レンタルオフィスや貸事務所の利益

不動産投資は低迷しつつあるのですが、レンタルオフィスや貸事務所はそれに反して活況を呈しています。

すでにレンタルオフィスや貸事務所の経営に転向したというオーナーもいるくらいで、ビジネスとして経営をしていくのにはメリットが大きいと言えるでしょう。

まず、利益が大きいことが挙げられます。同じスペースを貸すにしても、小分けにして貸した方が割高になるというのは多くの人が知っていることでしょう。

レンタルオフィスや貸事務所は、もともと共有部分が大きいですから、小分けにしてもあまりコストはかからず、そのために利益を大きく出来るのです。

レンタルオフィスはサポート体制が大事

オフィス上のトラブルが発生した場合や、何か変更したい部分があるなら、サポートをしてくれる場所に連絡を入れます。レンタルオフィスを提供しているなら、問い合わせ窓口は用意しているので、問題が起きた時にすぐ対応しています。

ただ小さいレンタルオフィスの場合、会社の規模が小さいことも影響して、対応が遅くなってしまう場合があります。正しい対応をしてくれることが大事になっているので、遅いと感じるようなら別のオフィスも検討してください。本当にサポート体制が充実しているところじゃないと、良いサービスは期待できない傾向にあります。

特殊な利用も可能なレンタルオフィス

仕事を進めるにおいて必要な机や椅子、FAX、インターネット環境などの様々な設備が整えられているレンタルオフィスは、全国各地において数多く存在するようになりました。

フリーランスとして働き方を選ばない仕事を進める方や、起業のためのスタートアップとなる拠点を探す方などにとって、幅広く活用されており、郵便物の受け取りや電話受付代行など、オプションとしてのサービス環境も充実したものが見受けられます。

事務所などの通い先を定めない方にとって、利便性が高いものとしても認識されており、短期契約などの特殊な利用方法も実現されています。

事務所を借りる必要のないバーチャルレンタルオフィスについて

レンタルオフィスといえば、執務スペースをはじめとして、仕事に必要なデスクや椅子、コピー機、情報機器などを兼ね備えた貸事務所というのが一般的ですが、バーチャルレンタルオフィスは、実際に事務所を借りなくても、オフィスビルの住所を使うことができるサービスです。

事務所を借りなくても法人登録に住所が使えるため、最低限のコストで新規ビジネスを立ち上げたい時や個人の住所を名刺やホームページに使用したくない時には非常に便利です。オフィスによっては、電話対応やレンタル会議室、郵便転送などのオプションサービスを提供しているところも多く、自分が必要なサービスのみを選択して利用できる点も、特徴のひとつです。

梅田、北浜、淀屋橋など大阪の中心でレンタルオフィスなら

株式会社アーバン

アーバンオフィス梅田:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3号 大阪駅前第3ビル25階

JR「大阪」駅徒歩約3分

アーバンオフィス北浜:〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町2丁目1番10号 T・M・B道修町ビル3階

大阪市営地下鉄堺筋線「北浜」駅徒歩約2分

アーバンオフィス御堂筋:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号 創建御堂筋ビル2階

大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」「本町」駅徒歩約3分

TEL:06-6344-9666(代)

http://www.urban-office.jp/ 【HP】

ビジネスを拡大するレンタルオフィスについての関連記事