New Work Style貸事務所、レンタルオフィスで事業拡大を狙う!

レンタルオフィスのプラン

少人数に適していると言われているレンタルオフィスですが、10名以下ほどの少人数であれば、何とか対応できる物件も中にはある様です。

それ以上となると、ある程度の広さが求められると思いますので、やはりレンタルオフィスではなくて、一般的な事務所の方が適している場合も多いかと思います。

また、人数によっても必要な広さは違い、社員数が増えれば増えるほど、広い場所である必要が出てきます。

そのため、複数名で利用するのであれば、それなりに賃料が高額になる事もあります。安さを求めてこの様な物件を選ぶ人は多いみたいですが、時には思っているよりも支払いが高額になってしまう事もあるかもしれませんね。

レンタルオフィスを利用する上でのメリット

レンタルオフィスの大半が都心の一等地にある場合が多いため、企業当初は自分で事務所を借りることが難しくてもビジネスに最適な一等地で仕事をスタートできるというメリットがあります。

また、事務所を賃貸する場合はその費用も必要ですが、レンタルの場合保証金の金額も貸事務所と比べると低価格で抑えることができるため、その分の費用を他に回すことができます。法人口座も比較的簡単に開設可能で、物件によっては法人登記できる場合もあるため契約時にオーナーにしっかりと確認しておくと良いでしょう。

初期費用が低く抑えることができるため、自分の事務所の資金集めもしやすくなります。

レンタルオフィスは関連する会社もチェック

会社側の信頼を考えるなら、レンタルオフィスに関連している会社をチェックしてください。つながりのある会社の状況によって、もしかしたら信頼度が変わってくるかもしれません。

レンタルオフィスを利用する前に、会社自体の信頼性を考えて、いいと思っているなら相談を持ちかけてください。ネット上でサービスを見ているなら、問い合わせなどを行いつつ、会社の情報をネットで検索するのもいい方法です。

かなり厳しい内容が書かれているとか、評判が悪いと思えるようなら、とりあえず他の会社を当たってみて、信頼できる会社にお願いするといいでしょう。

貸事務所、レンタルオフィス 大阪
http://www.urban-office.jp/
Urban Office

利便性の高いレンタルオフィス

全国各地において、レンタルオフィスの存在は年々、増加傾向にあります。フリーランスで場所を問わない働き方を行う方や、起業のためのスタートアップ拠点を探している方などにとって利便性の高いオフィスは、短期的な契約が可能であったり、目的に応じた設備や周辺環境と合致した場所を選ぶことができたりします。

FAXやインターネット環境、机、椅子など、仕事を進めるにあたって必要な設備が整えられている他、受付代行や郵便物の受け取りなど、オプションサービスが豊富に取り揃えられているオフィスも多く、より快適な仕事環境が用意されています。

ネット事業のためのレンタルオフィスを使おう

気軽にネット事業を始めたいときにレンタルオフィスは非常に重宝します。副業でネット事業を行う際に最もハードルが高くなるのは、商品やサービスを提供するサイトに自身の住所や連絡先を掲載しなくてはならない点です。

自宅で副業を行おうと考えている人は、自宅を連絡先にしなくてはならなくなりますので、非常にリスクが高くなってしまいます。その点、レンタルオフィスを借りておけばそこを事業の中心として登録することができますので、実際はそこで働いていなくても住所と連絡先をそこで指定することが可能です。そのため、気軽に事業を開始出来てとても便利なのです。

ビジネスを拡大するレンタルオフィスについての関連記事