New Work Style貸事務所、レンタルオフィスで事業拡大を狙う!

レンタルオフィスのメリットとデメリット

メリット

レンタルオフィスのメリットについて紹介したいと思います。
事務所スペースを比較的低コストにしかも、業務に必要なイスや机などを備えている状態で借りることができます。

ですから、少ない資金で起業する、SOHOに使う、支店を出したいが様子をみたいなどといった方々が利用されています。

また、講習会を開いたりするようなスペースや商談ルームなども備えている場合も多いため、来客がある場合でも、きちんとした商談スペースでお客様を招くことが可能なのもメリットではないでしょうか?

レンタルのため、月単位や時間単位で事務所を借りることが出来るため、一般的に事務所を契約すよりも、資金を押さえることができます。

デメリット

レンタルオフィスのデメリットとしては、共同スペース部分については、規則や予約を必要とする場合もあるため、自身だけの事務所とは違い、ルールにのっとって行わなくてはいけません。

会場予約などは事前に行う必要があり、また限られたスペースを共有するため、希望の日時に予約が取れないこともあります。

初めての人のためのレンタルオフィスの選び方

レンタルオフィスの物件を探すよりも先に、住宅物件と同じくその街の不動産会社を選ぶことから始めると良いそうです。

会社を創業してまもなくで小さい規模のオフィスを探しているのであれば、大手の不動産会社よりも地元に密着している不動産会社の方が、いろいろなタイプのレンタルオフィスの情報量を持っている場合があります。

次に不動産会社は1社ではなく、何社も回ってみる方が良いそうです。さらに良い物件と巡り合えるかもしれないし、家賃の相場や地域の特性などの情報収集にもつながります。同じ物件でも仲介手数料が無料になることもあるので、1社だけで選ぶのではなく複数の不動産会社を回ってみるのが良いです。

東京都内でレンタルオフィスを借りるなら

レンタルオフィスを借りるメリットはいくつかありますが、その中でも重要なもののひとつに、法人登記やホームページ、名刺などに、住所が使えることが挙げられます。また、ただ住所が使えるだけでなく、オフィスの住所がどこにあるかは、ビジネスパートナーやお客さんの信用を得る重要な要因となることも多いので、借りる場所をきちんと選ぶことが大切です。

例えば、東京都内であれば、日本橋や丸の内、大手町、銀座、六本木、新宿、汐留など、有名なオフィス街に近い場所にあるレンタルオフィスを借りることで、会社のブランドイメージをアップさせることができます。

レンタルオフィスとシェアオフィスの違い

昨今ではビジネスの形も多様化していて、さまざまなサービスが見られるようになっています。急増する個人事業主やパラレルワーカーに対して、オフィスを好きな時に利用できるようにオフィスのレンタルをはじめています。

ちなみにレンタルオフィスとシェアオフィスはワンフロアをみんなで使用する形になります。双方の大きな違いとしては個室があるかないかになります。

レンタルオフィスの方は利用できる個室がありますので、面接の会場にしたり取引先とのミーティングに使用したりなどの使用法があり、使用用途もさまざまなものを期待することが可能です。

24時間365日利用可能なレンタルオフィス

活動的にビジネスに取り組むのなら24時間、365日利用可能なレンタルオフィスがお勧めです。現在はいつでも利用可能な会社が増えていますが、中には利用時間が決まっている会社もあります。

21時や22時までならサラリーマン兼副業で利用されている方には不便がありますし、副業で契約されている方にも時間が決められている会社よりも24時間、365日利用可能な会社がお勧めです。

ただ、24時間、365日利用可能でもプランによって条件が異なる場合もあります。レンタルオフィスを契約する時にはプランやサービス内容など、よく確認する事が必要です。

ビジネスを拡大するレンタルオフィスについての関連記事